2020年4月から働き方改革関連法で求められる「同一労働同一賃金」。それを先取りする形で、物流大手の日本通運(東京)は、4月1日から、非正規社員の賃金を引き上げ、同じ条件で働く正社員の水準に合わせる方針を固めました。日通の社員は4万人。約1万3千人が非正規社員。このうちフルタイムで働く数千人をエリア職(転勤がない正社員)と同じ賃金体系に切り替え、賃金を上げる予定です。
 「同一労働同一賃金」は大手企業が20年4月、中小企業は21年4月から施行されます。