相変わらず保育園待機児童の解消が改善されていません。今年4月の入園に向け、全国72自治体で認可保育施設に申し込んだ人のうち、4人に1人が一次選考に落選しました。(朝日新聞の調査による)落選者は合計で6万5千を超えます。「落選率」が最も高かったのは東京都港区(52.2%)、2位が福岡県筑紫野市(45.3%)、3位が沖縄県南風原(はえばる)市でした。