「合計特殊出生率」とは、1人の女性が生涯に産むと見込まれる子どもの数を示す数値です。2018年に国内で生まれた日本人の子どもの数(出生数)は91万8397人で、統計がある1899年以降で最も少なく、これまで最少だった前年を2万7668人下回りました。出生率は、前年より0.01ポイント低い1.42でした。沖縄が1.89と最も高く、東京が1.20で最低でした。(7日、厚生労働省が公表した18年の人口動態統計から)