出生数が減り続ける中、死亡数は戦後最多の136万2482人。出生数から死亡数を引いた自然減は44万4085人で過去最大の減少幅となりました。18年10月1日現在の人口は約1億2422万人で、65歳以上が28.5%を占めました。(厚生労働省が7日公表した18年の人口動態統計より)