キャッチオール規制は、外国為替及び外国貿易法(日本法)を根拠として2002年4月に導入されました。日本における安全貿易管理の枠組みの中で、大量破壊兵器及び通常兵器の開発等に使われる可能性のある貨物や技術の提供行為などを行う際、経済産業大臣への届け出およびその許可を受けることを義務付けた制度です。日本政府が前記の輸出管理制度の中で優遇措置を取っている国を日本では「ホワイト国」と呼んでいます。2019年8月2日より「ホワイト国」という名称が「グループA」、「非ホワイト国」は「グループB、C、D」へと変更されました。