厚生労働省は、公的年金の加入者に渡していた年金手帳を廃止します。保険料の納付記録を管理するための基礎年金番号などが電子データ化に伴い必要がなくなったためです。新たな加入者には年金手帳に代わり「基礎年金番号通知書(仮称)」を発行します。実施時期などを詰め、来年の通常国会に関連法改正案を提出する予定です。