世界経済フォーラム(WFF)の男女格差(ジェンダーギャップ)の最新の報告書で日本は過去最低の世界121位に沈みました。政治や経済のリーダー層における女性の少なさがその大きな要因と言われています。国内主要企業で「女性役員がゼロ」の企業(サントリーHD、スズキ、キャノン、大日本印刷など)も珍しくありません。