総務省は14日、昨年10月1日現在の人口推計を公表しました。外国人を含めた総人口は前年より27万6千人減の1億2616万7千人(日本人だけでは、1億2373万1千人)で、9年連続の減少となりました。15歳未満は12.1%、15~64歳は59.5%、65歳以上は28.4%、そのうち75歳以上は14.7%、と少子高齢人口減少社会が浮き彫りになっています。