兵庫県加西市は5月11日、新型コロナ対応の生活資金や経済対策などに使う「みんなで支え合う新型コロナウイルス感染症対策基金」を新設する議案を臨時市議会に提出し可決されました。基金の積立金として7000万円を計上し、6千万を職員の「特別定額給付金」からの寄付、1750万円を市幹部や市議の給与・報酬カットなどでまかなうと説明しています。市は寄付は任意としていますが「半強制的な寄付だ」と反発の声も出ています。